有線LANを無線にすることで得たメリット3つ

・有線LANを無線(wifi)にする

自宅では様々なLAN環境があると思います。昔からそうだったという理由で有線LANを使い続けている家もあれば、マンションが契約している関係で有線LANを使っているなどあると思います。私の家も長年有線を使っていました。

しかし現在有線であっても有線から無線に変換するルーターさえ電器屋さんで買ってくることですぐに無線LAN(wifi)環境を構築することが可能です。実際に無線LAN(wifi)環境にしたことで得られたメリットを3つ紹介します。

・ケーブルが無くなり部屋がスマートに

当たり前過ぎるメリットですが、今まで有線で繋いでいたのでケーブルが邪魔でした。無線にしたことでそれらが無くなり、家のどこに居てもノートPCが繋がるようになりました。

・タブレットの購入が容易に

iPadやネクサスなどのタブレットは非常に魅力的ですがわざわざ回線契約を結ぶと月額利用料がバカになりません。外に持ち運ぶとなると別ですが、自宅でゆっくりタブレットを使いたいということであれば、無線LANがあれば十分で快適なタブレットライフを満喫しています。

・4Gの容量節約

スマホの4G回線には容量制限があり容量を超過すると速度が低下する、というのは誰もが抱える悩みだと思います。私は家に帰るとスマホを自宅のwifiに接続します。こうすることで家でスマホを触っていても4Gの容量は一切使用しない、ということになるので外出先で容量を気にする必要がなくなりました。

もし自宅が有線LANだという方がいらっしゃいましたら無線への変更を検討されてはいかがでしょうか。

カテゴリー: wimaxとwifi | コメントする

光回線×テザリングでのインターネット利用

我が家のインターネット事情を書きたいと思います。

結婚し、新居でのインターネット、最初は、光回線に加入していました。家電量販店で、光回線導入で、4万円のキャッシュバックキャンペーンをしていたのでそこで申し込みました。旦那も私もガラケーだったので、インターネットは常にパソコンでしていました。マンションなので、各部屋にも届くように、WiFiオプションも付けて。その後、自分、旦那それぞれ違う時期にガラケーからスマホに変更。スマホでもWiFi使用。

メリット:容量を気にせず、インターネット使い放題、ユーチューブなどの動画見放題、ポッドキャストやラジコも聴き放題

デメリット:月々4000円程度の光回線に加え、スマホにしたので、モバイル料金も今までより4000円程度上がる。通信費が高くなる。

家計を見直して、スマホでもインターネットできるわけだし、なんとか通信費を削減できないかなあと検討しました。パソコンでもインターネットをすることもあるので、我が家では、デザリングを選択。スマホからインターネットを繋いで、パソコンでインターネットができる。

メリット:費用がおさえられる。光回線を解約し、携帯会社のデザリングオプション500円で済むわけです。

デメリット:ユーチューブなど見るとすぐに制限7ギガになる。またウィンドウズウィルスソフトの定義アップデートも容量が大きい。今まで自由に聞いてPodcast、ラジコも、時間を決めて聞くようになりました。

追期:光回線解約のとき、期間のしばりがあって、解約に一万円ほどかかった。解約の時期は要注意です。

カテゴリー: wimaxとwifi | コメントする

wifiレンタル時の注意点

近年、すっかりお馴染みになってきたwifiですが、使用環境によってはスペック通りの通信速度が出せなかったり、事前に面倒な設定などがあったりと様々な問題が起こることがあります。

特にwifi機器自体をレンタルする場合には、事前にその辺りのことを調べてから借りないと、環境によっては全く使用できないなんてことも有り得るのです。実は私も、出張先で大まかに使用可能地域内であることを確認しただけで月額5千円程度のwifi機器を借りてしまい、現場でほとんど使えなかったという苦い経験があります。

特に山間部に機器を持って行く際には、通信速度の劣化には十分留意する必要があります。メーカーのサイトでは通信領域内であるとされているにも拘らず、実際に使ってみるとその半分以下の通信速度でしか利用できなかったという人が結構いるものです。長期間にわたってwifi機器を借りる場合には、できるだけレンタル事前に業者に実際の使用環境で正常な速度で通信ができるかどうかを確認するようにしましょう。

また機器によっては思いのほか早く充電が切れてしまうものがありますので、利用可能時間もしっかりと確認するようにしましょう。私のように出張先で困ることのないように、事前の対策はしっかりするべきです。

カテゴリー: wimaxとwifi | コメントする

ネットの使い過ぎにご注意!

突然ですが私の趣味はネットサーフィンです。通勤時間の電車の中でも昼食を食べている間でも、夜寝る前だって四六時中サイトの巡回です。外ではスマホで、家ではスマホとPCの両方でネットの世界にダイブしています。

(PCでサイト巡回しながらスマホで動画を見るといった感じです。)家では固定のネット回線を引いているのでいいのですが、外でWiFiのない環境で動画なんか見た日には悲惨なことになります。キャリアによって違いますが、ソフトバンクは以前3日で1GB以上の通信を行うと、規制がかかっていました。

速度を戻すには課金して容量を買う必要がありました。現在でも課金が必要だと思いますが、その価格が低くなっているそうです。もし制限がかかって規制がかかったら大変です。通信速度がすごく遅くなって遅くなってたまりません。動画なんて再生しようと思っても全然ロードされないです。

WiFiを使うとキャリアの通信を使わないので、WiFi環境下でのネットの閲覧は通信規制の容量に入らないのです。もし外で動画を見たいときは、WiFI環境下が必須といっても過言ではないです。皆さんネットを見るときは家か外か、外でもWiFiが使えるかどうか確認して状況に応じたネットの利用を気を付けましょう。

カテゴリー: wimaxとwifi | コメントする

単身赴任をキッカケにWiMAX2+のモバイルルーターを利用

単身赴任するにあたり、何よりも困ったのが、インターネット回線です。もちろん。光回線をひくのが、ベストなことはわかっていましたが、何しろあまり、家にいないという状況です。

移動が多いのでスマートフォンや、パソコンのデータ通信のためにも使いたい放題がプランとして存在するwimax2+のモバイルルーターを契約しました。4000円弱の維持費と端末代が無料なのでかなり、お得でした。

もちろん、事前に屋内や地下でのデータ通信にはあまり、強くないことも調べていました。かつ、無料貸し出しで単身赴任先のマンションでも使えることは確認した上での、契約です。まず、良かった点です。とにかく

使いたい放題という安心感です。スマートフォンや他の機器が同時接続可能な点も助かりました。回線速度も満足できるレベルです。逆に残念な点もあります。まずは、データ通信可能なエリアです。

わかってはいながらもやはり、地下、屋内はもうすこし何とかならないものかというのが正直なところです。また、バッテリーの持ちが悪く、フル活用すると一日中持たないという欠点がありました。今では、ルーターを持ち出すさいにはセットでモバイルバッテリーを持ち歩くことにしています。

なぜWiMAXか?

「料金が安い」
「設置に工事が入らず設置料等の料金がかからない」
「使用開始するまでの時間があまりかからない」

この3つが最初にWiMAXを選んだ理由です。契約当時、私は引っ越しの予定もあったので、実家に光回線の設置工事して時間をかけるのも、工事料を払うのは勿体無いと思っていました。なのでWiMAXが一番条件を満たしていました。

ネットで調べるとあまりいい評価を見かけなかったのですが、1週間無料レンタルのサービスがあったので利用してみました。口コミどうり速度が速い訳ではありませんでしたが、私が普段、自宅で使用する分には十分だったので契約しました。

WiMAXキャンペーンを利用したので機種は無料でした。使用開始してからもキャンペーンがあり、無料でWiMAX2+の最新機種に無料で交換できました。このようなキャンペーンがあるのもメリットです。

2+になってからは速度も速く安定しているので快適に使えています。外出先でも自宅でも使用できるのは、やはり一番のメリットです。「外では使わないよ」という方もたくさんいると思いますが、実際使用してみると結構便利です。

もちろんWiMAX2+には通信制限や障害物に弱いなどのデメリットもありますが、普段の使い方次第では低コストで十分使えるサービスだと思います。”

カテゴリー: wimaxとwifi | コメントする

便利な無料wi-fiスポットの種類について

最近はスマートフォンなどを手軽に屋外でネット接続するための無料wi-fiスポットも増えてきました。ここでは代表的な無料wi-fiスポットと使い方について簡単にまとめておきたいと思います。まず無料wi-fiスポットといえば、NTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯大手三社が提供しているサービスが三社と契約しているユーザーならば一番使い勝手がいいでしょう。

ステッカーの貼ってあるファストフード店などあらゆる場所で利用ができますが、無料wi-fi使用の設定は各社で違うのでよく確認して事前に設定を済ませておきましょう。

またiPhoneには専用の設定が別に用意されています。大手三社以外にもUQwi-fiなど独自の無料サービスを行っている会社もありますが、三社に比べると設置場所数では劣ります。

FREE SPOTはネットカフェやビジネスホテルなどで多く導入されているサービスで、施設利用者ならばメールで認証を行うことでwi-fi接続が可能です。

セブンスポットは全国のセブンイレブン、イトーヨーカードー、デニーズ系の店舗で使用可能。しかしセブンネット会員登録が必要で、一日に最大一時間三回までという接続制限があります。

ネット会員登録が必要なコンビニ系無料wi-fiは他にファミマwi-fiとローソンwi-fiがありますが、ファミマは接続制限あり、ローソンのみ無制限となっています。コンビニの無料wi-fiはいざという時に非常に頼りになるので、各社の違いをよく認識してくことが大切です。

カテゴリー: wimaxとwifi | コメントする

あまり安くないYmobile

wilcomからの優遇乗り換えでYmobileのスマホにキャリア変更して使いました。前身のEmobileが速度、通話品質も満足いく環境ではなかったので若干の不安はありましたが、端末代無料に釣られ乗り換えました。自分の不安を吹き飛ばすようなSoftbankmobileとのMVNOで通話品質、通信速度に不満はありませんでした。

データ通信をかなり使用する自分は頻繁に速度規制がかかり、その都度速度回復の追加料金が発生し、当初1万円以下で抑えられていた毎月の支払いが1万円超えることもしばしば。自宅ではwifi接続、外出先でデータ通信しないという使い方を徹底していれば良かったのでしょうが、LINE必須、出先でもネット掲示板に書き込む、ともすれば、ブログ更新までする使い方では最安料金に収まる筈なく、またまた他社へ乗り換える羽目に。

通話主体でデータ通信しない使い方のライトユーザーさんなら安く維持できると思いますが、自分のようなヘビーユーザーには却って高くなってしまいます。大きな不満は料金面ですが、Ymobileには魅力的な端末が少ないこと、ショップが少ないこと、端末んぽアクセサリーが少ないことも不満のひとつでもありました。

とはいえ携帯電話キャリアとして致命的な欠陥があるわけでもありませんし、上手に使えば格安で維持することも可能です。工夫次第で二台目の回線としてなどと利用するメリットは皆無ではないと付け加えておきます。

カテゴリー: wimaxとwifi | コメントする