有線LANを無線にすることで得たメリット3つ

・有線LANを無線(wifi)にする

自宅では様々なLAN環境があると思います。昔からそうだったという理由で有線LANを使い続けている家もあれば、マンションが契約している関係で有線LANを使っているなどあると思います。私の家も長年有線を使っていました。

しかし現在有線であっても有線から無線に変換するルーターさえ電器屋さんで買ってくることですぐに無線LAN(wifi)環境を構築することが可能です。実際に無線LAN(wifi)環境にしたことで得られたメリットを3つ紹介します。

・ケーブルが無くなり部屋がスマートに

当たり前過ぎるメリットですが、今まで有線で繋いでいたのでケーブルが邪魔でした。無線にしたことでそれらが無くなり、家のどこに居てもノートPCが繋がるようになりました。

・タブレットの購入が容易に

iPadやネクサスなどのタブレットは非常に魅力的ですがわざわざ回線契約を結ぶと月額利用料がバカになりません。外に持ち運ぶとなると別ですが、自宅でゆっくりタブレットを使いたいということであれば、無線LANがあれば十分で快適なタブレットライフを満喫しています。

・4Gの容量節約

スマホの4G回線には容量制限があり容量を超過すると速度が低下する、というのは誰もが抱える悩みだと思います。私は家に帰るとスマホを自宅のwifiに接続します。こうすることで家でスマホを触っていても4Gの容量は一切使用しない、ということになるので外出先で容量を気にする必要がなくなりました。

もし自宅が有線LANだという方がいらっしゃいましたら無線への変更を検討されてはいかがでしょうか。

カテゴリー: wimaxとwifi パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です